優雅に人生を過ごしたいなら収益物件|高い利回りのお陰で潤う生活

メンズ

退去後は再び住める

内観

貸し出しにあたっての注意

持ち家をリロケーションとして貸し出す場合、賃貸市場に物件を出す以上はある程度の体裁を整えてから物件を管理会社に預ける必要があるので注意しておきます。入居者を確保するためには、ホームクリーニングや必要に応じてプチリフォーム、室内の備品の新調も考えておきたいところです。またリロケーションは一定の入居期間が終了すると再びオーナーが住むことが多いため、賃貸契約終了後のことにも注意を払って運用をします。原状回復の内容はどうするか、備品などを壊された場合の保険は加入すべきか、入居者の素性などに問題はないかなど、チェックすべき点は多数存在します。さらに継続して収益を得るためには、周辺地域の賃貸相場も押さえておき、適正な賃料を設定することも求められます。

防犯効果にも注目

欧米諸国では転勤が決まると、自宅を売り出すのが一般的です。対して日本では、空き家として管理を不動産会社に依頼することがよくあります。この空き家を利用して、オーナーが居ない間は入居者に貸し出す賃貸サービスがリロケーションの特徴です。リロケーションは空き家期間でも賃料収入が得られるメリットがある他、空き家のリスクである泥棒などの被害を抑える、防犯上のメリットも注目です。また空き家はそのまま放置しておくと空気も淀んでカビが生え、汚れなどで建材の傷みが早まります。しかし人が住んでいれば通気もされるため、劣化も遅くなるというメリットも得られます。家を長期間空ける間、賃料収入を得つつ防犯や住宅の維持という恩恵も得られるのが、リロケーションの他にはない特徴となっています。