優雅に人生を過ごしたいなら収益物件|高い利回りのお陰で潤う生活

女の人

賃貸経営における業者活用

お金

賃貸経営を行う場合、手間となるのが建物や入居者の管理である。これらの賃貸管理について、業者に委託することで実施してもらうことができる。その際には、料金やサポートしてもらえる範囲を考慮した上で業者選択が必要になる。

詳細を確認する

安定した収益が期待

紙幣と硬貨

インバウンド物件にも注目

マイナス金利によって、住宅ローン金利は軒並み低下しています。現在、この住宅ローン金利は、底値をついていると言っても良いでしょう。これを期に、収益物件の購入を考えてみてはいかがでしょうか。特に、現在、大阪は観光業が非常に伸びています。観光庁によると、2015年の大阪府全体の客室稼働率は、全国トップの85.2%です。また、外国人比率が非常に高い特徴があります。大阪市に限定すれば、宿泊施設の部屋が、非常に取りにくい状態が続いています。このような背景から、大阪は、いわゆる民泊にも力を入れています。したがって、収益物件には、通常の賃貸としての活用以外にも、インバウンド物件としての活用も考慮するに値します。なお、インバウンド物件としての収益物件は、月額賃貸よりも稼げるケースは少なくありません。インバウンド物件に力を入れた不動産会社もありますから、選択肢の1つとして考えてみてください。高い利回りのお陰で潤う生活が送れるでしょう。

区により地価上昇率に差

大阪市内では、近年地価が上昇しています。特に、北区や中央区は高い上昇率を示し、坪単価も群を抜いて高いエリアです。一方で、他の区は坪単価で、北区や中央区の半額から10分の1程度と比較的低価格です。場合によっては、収益物件を探す際、ここを中心に攻略すると良いでしょう。大阪市内は、どの区も人口密度が高くなっています。具体的には、大阪市内には、1平方キロメートルあたり、約12000人が住んでいます。また、大都市の人口は、今後も微増あるいは現状維持が続くことが予想されています。利便性の高い収益物件であれば、今後も部屋は十分に埋まる可能性が高いと言えるでしょう。高い利回りが期待できるものです。最後に、収益物件を選ぶ際は、ご自身が実際住むと考えてみることです。周辺環境や設備、管理やメンテナンスの状態はしっかり確認しましょう。もし、その家に住む場合、いくらなら払うかを意識しながら選ぶとなおさら良いものです。

退去後は再び住める

内観

賃貸市場に物件を出す以上、リロケーションの物件も体裁を整えておく必要があるので注意をしておきます。必要に応じてホームクリーニングやリフォームなども行います。リロケーションの特徴は、空き家を利用してオーナー不在の間も賃料収入が得られる点です。防犯にも繋がるというメリットもあります。

詳細を確認する

人気の賃貸経営です

パーキング

駐車場経営は、マンション経営やアパート経営と比較すると、イニシャルコストやランニングコストがあまりかからない魅力的な賃貸経営です。駐車場経営を始めるのであれば、まずは施工を行ってくれる業者に相談するようにしましょう。

詳細を確認する